スタディサプリ Product Team Blog

株式会社リクルートが開発するスタディサプリのプロダクトチームのブログです

スタディサプリ小中高プロダクト開発部2023年の登壇資料紹介

こんにちは。技術広報チーム*1の @chaspy です。本記事では2023年に発表されたスタディサプリ小中高の登壇資料を紹介します。 Summary 2023年の登壇は合計19件ありました。 技術領域別の内訳は以下です。どの領域も満遍なく登壇がありました。 技術領域 登壇…

スタディサプリ小中高の技術戦略について

この記事は Enginnering Manager Advent Calendar その2の1日目の記事です。(大遅刻しました) こんにちは。@chaspy です。10月からスタディサプリ小中高*1プロダクト開発部の部長をしています。 本記事では、我々の組織で取り組んでいる技術戦略の現状と…

社内技術ドキュメンテーションを科学する

部署内の技術トーク会にて、理想的なドキュメンテーションにおいて回避不可能なトレードオフと、それを踏まえた実践的な手順を発表しました。 その際のワークショップで得た他エンジニアが持つ Pains や知見、そして彼らからの反響を共有致します。

入稿devsチームで、校閲PDF出力機能のリニューアルをおこなった話【2/2 振り返り編】

こんにちは、スタディサプリで開発をしている @motorollerscalatron です。 前編では、「入稿」「校閲」ドメインの発足からサブチームへの切り出しと、校閲出力サービスのリニューアルのエピソードを技術的観点を交えながら共有させていただきました。この後…

入稿devsチームで、校閲PDF出力機能のリニューアルをおこなった話【1/2 入稿ドメインとは?〜開発事例編】

こんにちは、スタディサプリで開発をしている @motorollerscalatron です。 私は、5 年前に web エンジニアとしてスタディサプリに join していますが、今年に入ってから、今までの社内(中学講座の開発プロジェクト(通称 tara、最近は 小学講座も加わってい…

スタディサプリにおけるKarpenterの導入トラブル振り返り

スタディサプリにおけるKarpenterの導入トラブル振り返り こんにちは。スタディサプリ小中高SREの@aoi1です。 スタディサプリでは、Kubernetesを利用しているのですが、Nodeの運用自動化のために2023年3月から本番環境を含む全環境でKarpenterを導入していま…

Android チームが使っている GitHub Actions のユニークな自動化レシピ集🍞👨‍🍳

スタサプ小中高を開発している Android エンジニアの@maxfie1d、@morayl とスタサプ ENGLISHを開発している Android エンジニアの田村です。 GitHub Actions(以下 GHA) はアプリをビルドしたりストアに配信したりすることに使えるのはもちろん、もっともっと…

SLI の計測のために Envoy や service mesh を選択しなかった理由

こんにちは。スタディサプリの小中高プロダクト開発部で主にコミュニケーション機能の開発をしている @snowfield702 です。 今回はスタディサプリで SLI の計測に Envoy と service mesh を使うのをやめて Datadog APM を利用することにしたという話をしたい…

単一アプリでユーザに応じた機能切り替えを実現するために

はじめに iOSエンジニアのkomajiです。2023年9月に「スタディサプリ 小学講座」をリニューアルし、既存の「スタディサプリ 中学講座」アプリに組み込む形でリリースしました。 この小学講座は既存の中学講座とは機能が全く異なっていますが、単一アプリで両…

SwiftUI: Explicit Identity の正しい使い方と落とし穴

こんにちは。iOS エンジニアの @_nkmrh です。 SwiftUI が発表されてからはや4年が経ち、昨今のプロダクションコードでも多く活用されているのではないでしょうか。 そこで本稿では SwiftUI を活用する上で欠かすことのできない SwiftUI.View の Explicit Id…